筆者と十姉妹の出会い



筆者が、そもそも19羽の十姉妹達と縁を持った経緯は

小学校時代に番の2匹を飼ったんですが

それが、折角産んだ卵をとうとう孵さず仕舞いに終わったことが

凄く残念で、心の底で、何時かは

「自分のうちの籠で雛を孵らせたい!」

と念願していたことが発端なんです。

その頃は、庭の次から次へと雛を孵すチャボではなくて

自分の飼う十姉妹が卵を孵すのを見るのを

夢のように思っていた訳です。

何故だかは分かりませんが、

それだけなかなか体験出来ない凄いことなんだ、

と思い込んでいたんでしょうね。

そういう風に魅力的な鳥に感じていたんだと思います。

そして、40年近く経ったある日、

置き薬の営業で廻った顧客の家の軒先に置いてあった

一つの籠の壺巣の中にサル団子よろしく

仲良く雪玉のようになっている十姉妹の家族を見た途端、

筆者の中に、小学校時代以来の例の熱い想いが

俄かに噴き出して来たんです。(^^)

★ペットのしつけ方は⇒「こちら」



■□「ご質問・ご意見は」■□ ⇒「こちら」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。